スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普天間「すんなり行くかどうか」=地元との調整懸念―小沢氏(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は20日午後、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設に関する政府方針について「すんなり行くかどうか」と述べ、県内移設が明記された場合の地元との調整に強い懸念を示した。参院選の地方行脚の一環で訪れた松江市で、連合島根の幹部らと懇談した際に語った。
 出席者によると、小沢氏は普天間移設問題に関し、「皆さんにご心配を掛けている。地元にも不信感を残した」と説明したという。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定~

元経理担当罪状認める 北教組違法献金初公判(産経新聞)
<三井造船>肺がん死亡男性の遺族が提訴 大阪地裁(毎日新聞)
種牛「忠富士」が感染、残り5頭は経過観察(読売新聞)
交番に同行中に痴漢容疑者逃走、取り逃がす(産経新聞)
<普天間>政府、沖縄県に鳩山首相の再訪問予定を伝える(毎日新聞)
スポンサーサイト

正面衝突19年、信楽高原鉄道とJR西の社長出席し法要(産経新聞)

 滋賀県信楽町(現・甲賀市)で平成3年、第三セクターの信楽高原鉄道(SKR)とJR西日本の列車が正面衝突し、42人が死亡、600人以上が負傷した事故は14日、発生から丸19年を迎えた。事故現場近くの慰霊碑前では同日午前、追悼法要が営まれた。

[フォト]「がれきの下の医療」救命医しのび追悼集会 脱線事故の30人

 法要には、遺族のほか、SKRの今井恵之助社長やJR西の佐々木隆之社長らが参列。参列者全員で黙祷(もくとう)をささげた後、慰霊碑に献花や焼香をするなどして、犠牲者の冥福(めいふく)を祈った。

 遺族を代表し、事故で妻=当時(53)=を亡くした吉崎俊三さん(76)が「遺族にとってあの悲惨な事故は何年たっても脳裏から離れない。犠牲者の方はどうか安らかにお眠りください」と述べた。

【関連記事】
三菱自、パロマ… 増える企業トップの刑事訴追 JR西強制起訴
華やかサンタ列車 信楽高原鉄道24日まで運行
JR西日本 犠牲者踏みにじる事故調への介入
JR西漏洩 調査と捜査、信頼の根底揺るがす
墜ちたJR西、被害者対応を最優先できるのか
少子化を止めろ!

サイバー攻撃への対応強化=政府(時事通信)
「四面楚歌」鳩山首相 それでも擁護する人の論理(J-CASTニュース)
【トヨタ パッソ 新型発表】1か月間で目標の2倍を受注
藤原さんは藤原氏の末裔・・・?(産経新聞)
素朴な“青空市” 街のにぎわい創出(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。